映画レビュー及び感想「事故物件怖い間取り」エンタメとして面白い

Movie

週末久しぶりに映画鑑賞しました、夏定番のやつです。

コロナ対応下での上映で鑑賞席が減っている上に、ホラーなのに主演が亀梨和也さんということもあって昼の上映で観ようと思い行ったらすでに満席で夜の上映まで近場で時間をつぶすことになってしまいました。 亀梨さんの絶叫が見たい方はぜひ。

原作があるのですが、映画そのものを楽しもうと思い敢えて読まずに映画鑑賞しています

総合評価:78/100点   怖さレベル:3/10

映画「事故物件 怖い間取り」あらすじ

小劇場で漫才を続けていたお笑いコンビ「ジョナサンズ」の山野ヤマメと中井大佐。

今日も大きな笑いを取れずに売れない芸人として奮闘していた。

そんな中、相方の中井大佐が芸人を辞め放送作家として活動することを決意してしまい、山野ヤマメは強制的にピン芸人になってしまう。

状況を知っていた番組プロデューサーの松尾雄二は他の芸人が住んでいた曰くつきのいわゆる「事故物件」に関するうわさを聞きヤマメに

「お前、今からその事故物件に住んで心霊映像撮ってこい。」と無茶ぶり、ところが

「撮れたら新コーナー作ったる!」という条件付きで後がないヤマメは話に乗ってしまう

こうして山野ヤマメの「事故物件住みます芸人」としての生活が幕を開けるのだった。

映画『事故物件 恐い間取り』【予告】8月28日(金)全国公開

映画「事故物件 怖い間取り」登場人物

山野ヤマメ(演 亀梨和也) (モデル 松原タニシ

お笑いコンビ「ジョナサンズ」のボケ担当、だったのだが相方の突然の転職によっていきなりピン芸人となってしまう。人は笑うと寿命が延びるという話からお笑いによって人の助けになることを目指している。

中井大佐(演 瀬戸康史

お笑いコンビ「ジョナサンズ」のツッコミ担当だが急に放送作家へ転身してしまう。行動力のある熱血漢、ピン芸人にしてしまったヤマメに対し心のどこかでは悪いと思っており気にかけている。北九州出身。

小坂梓(演 奈緒

元々、劇場で観ていたジョナサンズの数少ないファンの一人で笑いのツボが違うことから周りに変わり者だと言われている。芸能界で働くのが夢だったことでヘアメイクとして参入することに。ヤマメが事故物件に住むことを知り心配をしているがその件について彼女には特異な体質がある。

松尾雄二(演 木下ほうか

大阪テレビ番組のプロデューサーでヤマメたちにとっては仕事を与えてくれる神のような存在、常に番組の視聴率を気にしている、職業柄 視聴率の為なら何でもやるスタンス。まわりによく無茶ぶりをしている。

横水純子(演 江口のりこ

ヤマメが部屋を借りる際に利用する不動産会社の事故物件担当。全身返り血を浴びたような赤のスーツ、霊媒師のような雰囲気といい謎が多い。

伊崎努(演 高田純次

駅前でお守りを売りつけているうさん臭い住職(?)ヤマメを見るや憑りつかれていると言い寄り心配してくるがはたして…

定食屋店主(演 宇野祥平

ヤマメが越してきた物件の近くで定食屋を営んでいる店主、物件のうわさを聞いている

肉戦車(演 加藤諒坂口涼太郎

ジョナサンズのライバルであるお笑いコンビ、常に笑いをとっておりヤマメ達はその様子をテレビを通して眺めるばかり。

他に登場する番組の雛壇芸人(演 クロちゃん団長安田)

有名タレント(演 有野晋哉濱口優

ヒミコ(演 バービー

小坂梓がメイク担当になっている女芸人、梓はうまく役目を務められずつっこみをいれられている。

カオリ(演 MEGUMI

小坂梓が務めるメイクの先輩。

映画「事故物件 怖い間取り」感想 ネタバレあり

ホラー要素を押し出していたので、ガッチガチのホラーが見たくて鑑賞した人は拍子抜けするかもしれませんが、個人的にはとても面白かったです。

というのが松原タニシさんの実体験をもとにしたドラマなので話として面白かったのが大きいと思います、しれっと恋愛話も入れていますし。

あと見えない霊を相手にする話なので演技が嘘くさくなりそうな気がしていたのですが、そういうこともなく違和感無く鑑賞できたのも良かった、亀梨さん演技うまいですね。

笑い要素が入っていたのも楽しめました。クライマックスで除霊してしまうというのも逆に良かったと思いました。観ていて思ったのですがここで怖い話の進め方になっても中途半端だと思ったからです。中井大佐が線香吹いたところで映画館の中で笑ってしまいました。

リアルに事故物件を借りた話だから生々しさを残しつつ話として面白くしている。 エンタメとして観るならとてもいい作品だと思いました。

横水さんが最後に轢かれたのは面白半分に事故物件を借りちゃだめだよっていう注意喚起だったのかな。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました