映画レビュー及び感想「炎のメモリアル」9.11に捧げた消防士のリアル

Movie

今回、視聴したのは消防士ものです。

アメリカ同時多発テロ事件の際に活躍した名も無き消防士たちに敬意を表して2004年に制作されたヒューマンドラマになります。

今から爆発しながら崩れることが分かっている建物に入って人を助けないといけないわけですから相当な訓練はもとより勇気と覚悟のいる仕事ですよね。命がいくつあっても足りない…

この作品は火消しそのものより人命救助に焦点を当てた感じになっています

動画配信されており、トライアル期間無料で観ることも可能です。

⇒無料で視聴してみる

Ladder 49 (2004) Trailer

映画「炎のメモリアル」(原題:Ladder 49)あらすじ

ニューゲート街にある12階建ての穀物倉庫ビル、この大きなビルは大規模な火災に見舞われていた。

粉塵爆発の起きる危険性の高い建物の中に逃げ遅れたスタッフが取り残されている。

招集されたボルチモア消防隊、

その中にある第49はしご隊(Ladder49)、に所属するジャック・モリソンらは灼熱の現場の中、12階へ到着しスタッフの救出を開始する。

数名の救出を行いつつも、残りの捜索中に爆発によって階段が破壊されてしまいジャックは孤立状態になってしまうが、その先で逃げ遅れた1名を確保。

必死に励ましながらロープではしご車まで降ろすことに成功したがそのあと起きた爆発によって床が崩落しジャックは階下のがれきに叩きつけられる。

意識の朦朧とするジャックの中では消防士になって今までの記憶がよみがえるのであった…

映画「炎のメモリアル」登場人物

ジャック・モリソン(演ホアキン・フェニックス)(声森川智之

この話の主人公であるボルチモア消防局 第49はしご隊に所属する消防士。とてもまじめで正義感が強く、我が身を顧みず救助に当たる。それもひとえに人の命を救うため。妻とこどもが2人いる。

以前は第33ポンプ隊へ所属していた。

マイク・ケネディ(演ジョン・トラボルタ)(声 池田秀一

ボルチモア消防隊 隊長。代々消防士を生業にしているが、いつ死ぬかわからない仕事な為前妻とは9か月で別れている。ジャック達に厳しい言葉を掛けるが異動を希望したジャックの意向を汲んだり、生活面でのサポートをしてくれたりと良い上司を務めている。第33ポンプ隊でポンプ車の操作をしながら現場指揮をとる。

リンダ(演ジャシンダ・バレット)(声冬馬由美

手作りジュエリー店で働いている女性、後にジャックの妻となるが消防士という危険と隣り合わせな仕事をしているジャックを常に心配している。

デニス・ゲクイン(演ビリー・バーク)(声咲野俊介

第49はしご隊へ所属するジャックの先輩で良き親友。ジャックを弟のように思っており、独身のジャックに女の紹介をするためナンパするなど世話をやいている。

トミー・ドレイク(演モリス・チェストナット)(声楠大典

同じく第49はしご隊へ所属するジャックの先輩、いじめられそうになったジャックに味方してくれる心やさしい兄貴分、アレックスという名の息子がいて家ではヒーローである。

レニー・リクター(演バート・パトリック)(声大塚芳忠

第49はしご隊へ所属する年長者、年のせいか度重なる肉体労働に愚痴を吐きつつも消防士を続けている。年下に舐められたくないのか新人によく意地悪をしたり部下のミスを厳しくせめがち。

レイ・ゲクイン(演バルサザール・ゲティ)(声置鮎龍太郎

デニスの弟、第33ポンプ隊に所属しているが後に第49はしご隊へ、マイクを尊敬している。

フランク・メカニー(演ケヴィン・チャップマン

第33ポンプ隊に所属する消防士、ポンプ隊に入ったばかりのジャックに同行する。

ドン・ミラー(演ケヴィン・ダニエルズ)

同じく第33ポンプ隊に所属する消防士。

キース・ペレス(演ジェイ・ヘルナンデス)

途中からボルチモア消防局へ入ってくる新人。入ったばかりのジャックと同じく初々しいが…

映画「炎のメモリアル」感想

みんな性格は違いケンカもするが、仕事になるとチームワークを発揮し、終わればみんな笑顔という理想的な体育会系の職場という感じでした。

自分も体育会系の職場は経験しましたがここまで親切な兄貴分はいなかったので少しうらやましかったですね。

それもやはり命が掛かっているからで、チームワークの乱れ=死亡事故となっているため一瞬の油断もできないということで。

死亡者がでると職場の士気も落ち暗い雰囲気となりさらなる事故につながる可能性もあり、消防隊長の苦労は計り知れません。ジャックの捜査を断念したときの無念さがとても重かった。

あえて主人公が帰らぬ人となり、暗い終わり方にしたのはテロ事件で活躍して亡くなった消防士たちに向けた思いと、帰りを待つ家族の思いを知ってもらいたいが為だと思いますが、消火活動で亡くなっていった消防士にはただただ尊敬の念しかありません。

人の命を救う、その尊さを教えてくれる話だと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました